FC2ブログ
 

銀行員ってなに!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なんでイギリスは通貨がポンドなの!?

なんでイギリスはユーロ加盟国なのに通過がポンドなの!?
これは私が為替を始めた頃の最初の疑問です
さて、それはなぜか☆彡

簡単にいうと、
ユーロ圏ではヨーロッパ中央銀行が各国の中央銀行に代わって金融政策を担当するが、経済政策の主体は各国に委ねられているから
要するに、
ユーロ全体で進める方針と各国の経済状況に合わせた取るべき政策が食い違う場合、その国にとってマイナスになる恐れがあるから
ということみたいです( ..)φメモメモ

1980~90年当時サッチャー政権下でイギリスは経済回復を見せましたが他国に経済回復の足を引っ張られたくなかったイギリスはユーロを使わなかった、
ということが本音みたいです。。。
サッチャー、男前ですね^^;女性ですけど。
周辺国よりもかたくなに自国の利益にこだわる
さすが「鉄の女」と呼ばれるだけのことはある・・・
ちなみに私こういう事実、FXするまで知りませんでした
高校の世界史とかで習う範囲なのかな!?

そのため現在もユーロ加盟国でも
デンマーククローネ、スウェーデンクローナ、イギリスポンドという通貨が存在します
DKKとSEKは使ったことがないですけど・・・

凄腕トレーダーの方からしたらオイシイ通貨みたいですけど、私は昨日の爆下げで持っていかれました(――;)

今年の利益返して!!ポンドさま、3月はお手柔らかにお願いします
って感じです。。。

読んでいただいてありがとうございました☆彡
コメント、リンク大歓迎です♪



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Toshi様

ワインおやじです。

コメントありがとうございました。
早々返信を書かせていただきましたので、お暇な折に覗いてみてください。

さて、ポントのお話しは興味深いお話しですね。
ワインおやじは、大英帝国の意地なのかなあ~などと思っていました。
何と言っても基軸通貨として一時代を築いたポンドなので・・・。
でも事実は超現実的な理由なのですね。


ワインおやじがポンドが好きなのは、生まれて初めて行った国が英国だったからかも知れません。(爆)

ポンドが、まだ1ポンド=12シリングの、12進法の時代で、お金の勘定に最初えらく戸惑った記憶が、ウッスラとあります。


それにしても、ポンドの動きは凄いですね。
漏れ聞くところによりますと、短期の投機マネーがクロス円(ことにポンド)に流れ込んでいるのだとか。

真偽のほどは、ド素人のワインおやじには確かめようもありませんが、さもありなんと思わせる動きです。

今後ともよろしくお願いします。

toku(ワインおやじ) | URL | 2007年02月17日(Sat)06:38 [EDIT]


コメントありがとうございます

こんにちは☆彡
ご丁寧な返信、コメントありがとうございます。
こういうことも習っていたらもう少し勉強が好きになっていたかもしれません
12進法というのも興味深いお話ですね!!
また調べてみようと思います

私が初めて行った外国はカナダです^^;
ちなみに結構相性いい通貨です

ポンドに関してはそろそろ半値戻しくらい反動が来るかなと楽観しています
ロスカットにかかるとこれ以上は追いかけないつもりでいますけど

こちらこそよろしくお願いします
リンクさせていただきました<m(__)m>

Toshi | URL | 2007年02月18日(Sun)14:25 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。